縫製工場管理者のお仕事(カリカワぶろぐ)

縫製工場の螢リカワです。お問合せはリンク先の各担当者が随時受け付けます!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

紙媒体はなくなっていく

ネット検索が主流になってきている中で 雑誌系など紙媒体は発行部数をどんどん減らさざるをえない時代ですが、ここもかと。

 

雑誌「ケラ!」が紙媒体による発行終了 ムック誌は休止

 

セブスタッフに見せてやりたくて買ってセブに持っていってたりしたんだけどな。。。

今後はネットで見せるしか無いか。。

 

お取引様ニュース | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Sさん26年間ご苦労さまでした

上富良野工場で26年間も勤務して頂いたSさんが今月で引退することになりました。

 

残される同僚たちにお別れの言葉を頂きました。

ちょっと前に転んで右手を骨折してしまったようで、まだ包帯をしてます。

 

リーダーさんから花束贈呈

クイーンズラインの主戦力だったので、今後が大変かもしれません。

本当に今までありがとうございました。

Sさんが居たから上富良野工場もここまで存続できたのだと思います。

最後は皆で記念撮影

右手が直ったらまた遊びに来て下さい

続きを読む >>
カリカワ・上富良野の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

隣の工場貸出中だそうですよ

何年か前に弊社のちょっとした空き地と元隣の工場だった日系プリーツ工場さんの空き地を有無を言わさずに返納させて作った隣のバック屋さん(米国向け)ですが、撤退された模様。

工場が賃貸に出されておりました。

 

 

なかなか出ないMEPZ1内の賃貸物件。結構延床面積も広いはず

誰か進出しませんか?

うちでは仲介しませんが(笑)

 

撤退される会社がある分、工場の増設をされる会社もあるようで元隣の工場だった日系プリーツ工場さんが第2工場を新設してほぼ完成しております。

なんと!川上さんのCAMも設置されている模様。(某商社様が買ってくれたとの噂)

 

いいなぁ〜うちにも買ってくれないかな〜

カリカワ・セブの話題 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

セブの最低賃金が上がります

フィリピンの最低賃金が上がるそうです。

 

13ペソ/日上がるようです。

いつから上がるのか書いてませんが・・・今月からという噂がちらほら

 

他の国に比べて上昇率は緩やかでは有りますが、セブもしっかりと労働コストが上がってきております。

効率良く精算しないとあっという間に競争に負けてしまうでしょう。

 

帰国した研修生たちとともに、品質と生産性に磨きをかけて競争に打ち勝っていかねば

カリカワ・セブの話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

山形研修生無事に帰国しました

3年間一生懸命に勉強してくれたセブの研修生が無事に本日帰国しました。

今回は初めて山形から深夜バスを利用して移動をチャレンジ

 

鶴岡→東京→成田

 

とバスを順調に乗り継いで成田までこれました

 

 

初の第3ターミナルで朝食

早朝に東京駅に到着するのでそこから1時間で成田に来てしまい8時前に成田に入ってます。

成田ーセブも今回はじめてチャレンジするLCCだけどANAの子会社のバニラエラーに乗る予定

第3ターミナルはこぢんまりとしていて研修生にとっては迷わずわかりやすいかもしれません。

 

 

第3ターミナルで4時間待ちをした後、無事に帰国しました

セブに戻ったらしっかりと勉強の成果を活かして頑張っていきましょう!

続きを読む >>
カリカワ・山形の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

営業会議

3月営業会議でした

 

1月2月と引き続きお仕事を沢山頂いており有り難いことでございます。

特にやはり国内工場のスケジュールはすごいことになっており、ちょっとでも生地投入が遅れようものなら大変なことになると思われます。そうならないように営業担当はガンガン前段取りをしていくのでしょう。(現場からのプッシュも半端ないことでしょう 笑)

 

海外工場と違って今日連絡して明日もらってということが可能ですから、ぎりぎりでも回していけるのでしょうが(といってもなかなかどこの工場でもできることではないでしょう)それでもここぞとばかりに「生産上げねば!!!」という現場の意識の高さはやはり45年以上続いている工場の強さでしょうか。

22年のセブ工場なんぞまだまだです。。。。頑張らねば。。。

 

さあ後1ヶ月(弱)! しっかり納品していきたいと思います。

カリカワの話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

新・技能実習法の説明会に行ってきました

昨年の11月28日に公布された

『外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律』

通称『技能実習法』の説明会が行われるということなので早速行ってきました

 

ポイントを幾つか・・・

 

・監理団体については許可制に、実施実習者(要は受け入れ工場)は届出制、技能実習計画は個々に認定制に

・新たに外国人技能実習機構(認可法人)を創設し、実地の検査や管理団体の許可・実習計画の認定をする

・優良な監理団体への実習期間の延長(3年→5年)

・優良な監理団体における受入人数の拡大(人数枠を倍増)

・対象職種の拡大

 

だそうです。by厚生労働省のハラダ氏

 

砕けた感じで言うと・・・

『認定取れない組合は受け入れの許可出さないから覚悟しな』

『入管は忙しいんだよ!研修生の検査までやってられっかっての!別部隊作るからそっちでやってくれ』

『ちゃんとやっている奴にはご褒美も有るぜ!何しろ人が足んね〜みたいだからよ・・・だけどちゃんと書類回しておけよな!』

 

みたいな感じなのではないかと。

 

現在弊社は企業単独型で

『法務大臣及び厚生労働大臣が継続的で安定的な実習を行わせる体制を有すると認める企業』

として認定・告示されているので、通常常勤職員総数の1/20のところ、基本人数枠と言われている常勤職員100人以上200人以下だと10人までの枠というのを使って研修生を受け入れております

 

それが『優良基準適合者』になれると倍の20人になるとのこと

今回の説明会で『優良基準適合者』になるための評価基準は説明があったのですが、実際の認定?方法まではまだ確定していなかった模様で説明なしでした。

これを見ると分かる通り研修生が技能実技検定を受けて受かれば受かるほどポイントが付きます!

セブ研修生たちにはセブ工場で次の機会を待っている同僚のためにも確実に合格してもらいたいところ

 

まあ年間20人・5年すると100人の研修生が工場で研修しているとなると・・・日本人社員と同数の研修生が一緒に働くグローバルな職場環境が実現してしまうわけで、それはそれで夢が広がりますね。

 

実際の施行がいつになるかという話は法務省の方から説明があったのですが『9月から11月頃』というかなりモヤっとした話でした。

施行日の4ヶ月前から実習計画の認定申請は受け付けてくれるそうですが、いきなりは何なんで3ヶ月の猶予は貰えるとのこと

要は『施行日から3ヶ月間の間は前の法律で申請されてても通してやるよ』と言うことみたいです

ただし、施行日以降は新しい法律でしか申請できないようなので色々な許認可(入国一年後の在留資格変更含む)がある場合は3ヶ月前に書類を提出してしまうのが良いかもしれません。

 

何れにせよ本日より公になった外国人技能実習機構のHPに色々な告示が出るそうなので要チェックです

 

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

フィリピンに環境配慮型工場を作る計画があるそうです。

今日の繊研新聞にこんな記事が

 

フィリピンに環境配慮型工場

OEM主力の香港・ルエンタイ 小売事業を次の柱に

 

なんと!セブ島に来年新工場を作る計画だとか!!

 

既にフィリピンで革バック工場を稼働させているようで2万人規模の工場があるそうだ。

 

『グローバルスポーツ企業向け』とのことなので、100%アディ◯ス向け商材なんだろうけど・・・困ったもんだね

フィリピンの話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

フィリピン 今年の聖週間

90%がキリスト教のフィリピン

移動祝日である今年の聖週間はいつか!といいますと

 

4/13(木)~4/16(日)だそうです

 

うううううう

 

日本のゴールデンウィーク前納品のまさに一番忙しいところではないか!(涙)

 

ちなみに2016年は

3/24~3/27

 

2015年は

4/2~4/5

 

2/14年は

4/17~4/20

 

でした。

きちんとした計算の元決められているのですが、それにしてもバラッバラです。

 

皆様どうかどうか お仕事投入を出来る限りお早めによろしくお願いします

 

フィリピンの話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

日本ではドライマンゴー入荷待ち

東京スタッフから某輸入食料品店でセブのドライマンゴーが品薄になっていると聞いた。

私もセブでよく買う 7Dブランドだ。

店頭では「フィリピン干ばつのため品薄状態 次回5月入荷予定」となっているとのこと。

 

そうか 今このタイミングなのかと。

 

一昨年前からのエルニーニョ現象により東南アジアの農作物はかなり打撃を受けていました。

フィリピンでもちょうど乾季12月~5月にかかり干ばつ高温に悩まされていました。(正直セブはそこまででもなかったのですけど)

バナナ等フィリピンの農業の大黒柱 ミンダナオの被害は大きく、昨年4月頭にはフィリピン農業省が「農業における被害総額が99億ペソ(約240億円)に達した」と発表をだした程。

特に被害の大きかったミンダナオ島 多くの州で非常事態宣言が出された。

 

フィリピンの多くの地域で、4月前半の降雨量は過去30年の平均を大幅に下回っており、ミンダナオ島の大半の地域では平年の40%未満。その後もしばらく雨不足に悩まされていました。

深刻な状況に国に米の配給を求める抗議のデモが行われ、当初国の対応が宜しくなくって(抗議 追い払っちゃったのよね~)揉めてましたね。ミンダナオでは。

 

エルニーニョの話は聞いていましたが、当時セブではそこまで水不足となっていなかった為イマイチピンと来ていませんでしたが、(私が在住していた頃はもっとひどい水不足だったことがあったので、、、)ふと そういえばと。

 

昨年セブでドライマンゴーを 買う時(直接ドライマンゴー工場から買います 出来たては美味しいのです)、ちゃんと個数を確定させて予約を入れてからでないとだめだと言われていたのを思い出しました。そんなこと言われたことなかったので、新しいシステムなのかななんて呑気に思っていましたが、こういうことだったのかなと。

(あれ そういえば事務所のGがエルニーニョっていってたような。。。)

 

もちろんマンゴーだけでなく、日本で今やバナナというと主流になったフィリピンバナナも大打撃でした。

 

今乾季は 乾季と思われないほど雨が降っているので、だいぶ復活しているとは思うのですが、加工食品 ドライフルーツやチップスなぞはまだまだ海外では品薄なのかもしれません。

 

 

フィリピンの話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
RECENT COMMENTS
  • 隣の工場貸出中だそうですよ
    tt (03/28)
  • 今年もこの時期がやってまいりました
    TT (02/13)
  • 今年もこの時期がやってまいりました
    北のS (02/10)
  • 安倍首相のフィリピン訪問動画が120万超で最多記録更新中!
    tt (02/03)
  • おめでとうございます
    tt (02/03)
  • おめでとうございます
    ◯◯ (02/02)
  • 応接室のエアコンを取り替えました
    tt (02/01)
  • THE LIMITEDが
    ◯◯ (01/14)
  • 特別休日になりました。
    tt (12/16)
  • レディステーラードシリーズ Vol2
    ◯◯ (10/19)
今日の為替
今日の一言

presented by 地球の名言

簡単・お問い合わせ
UNIQLOCK
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS