縫製工場管理者のお仕事(カリカワぶろぐ)

縫製工場の螢リカワです。お問合せはリンク先の各担当者が随時受け付けます!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

FISMA Tokyo(東京ファッション産業機器展) 55th 行ってきました

今年もFISMA Tokyo行ってきました

FISMAって何?という人はここを参照

 

今回も偶然展示会場でいつもミシンの購入でお世話になっているS社G様と遭遇し、色々と面白い展示を紹介してもらえました。

 

で、今回一番衝撃的だったのはこちら

 

CLO Enterprise

 

上記サイトの動画を見てもらうとすごくわかると思うのですが、最新スペックのGPUを使用してリアルタイムの3D画像処理をゴリゴリに行うことによって今までパターンナーさんが行ってきた

・シーチングやパタン調整・変更

・デザイナーさんの色確や柄配置、切り替え等のデザイン変更

までもがPC上でバーチャルに行え更にそれをかなり完成度の高い3DCGアニメの動画にすることができるみたいです

 

・・・これのヤバさをどうお伝えしたらよいか

GPUのレンダリングエンジンをゴリゴリに動かせば動かすほど、解像度の高い実物に限りなく近い風合いが表現されてきます。

将来的にZOZO等のネット通販の画像がすべてこちらに差し替えられていても全く違和感ないです

 

顔や髪形等の表現はなかなか違和感のある気持ち悪いものがありますが、顔がない画像で見たら全く違和感なし!

素材の物性測定器もセットで販売しているようで、こちらで引っ張り強度や曲げ強度、厚み、重さ等を図って上記GPUでゴリゴリに計算させると、今まで実際にサンプルを作ってみないと分からなかった

ダレ感

だとか

フレアー感

なんかが計算されてPC上で表現されます。

そしてそれが最新3DCDで動く動画で見ることができる・・・・もちろんCGですから天候や風景等の実写と合成したりすれば簡単にイメージ(CM用の)動画が作成できてしまう

 

展示会やショーなんかもバーチャル展示会、バーチャルファッションショーなんかがどんどん増えていき、今後縫製サンプルはCGのイメージ通りに作れているかどうかの確認の為だけに作られていくことになるかもしれません


まあCGのイメージ通りに量産の実物を作る技術はいくらGPUでも計算できないので、縫製工場としてはそちらの技術をしっかりと育成・保持していけばまだまだやっていけるとは思います

 

其れより大変になりそうなのがパターンナーさんやデザイナーさんたち

このソフトを使える人と使えない人では生産性が全く違ってきます。

今までかかっていたサンプルコストも展示会コストも必要なくなる可能性も

 

そして、素材メーカーさんとコンバーターさんたち

売りたい素材のデータだけをお客様に提供すれば、サンプルたんや色見本等は全くいらずにそのままバルク受注です

何しろお客様がこのソフトを使いだすと、必要なので実物の素材ではなくPC上で表現されるデータ。

素材データの質が高ければ高いほどリアルな画像として風合いの表現がされます

あまりに完成度が高すぎると量産反の不具合が目立ってくる可能性もありますが(笑)

 

いつかは出てくるであろうと思われていたこの技術

とうとう出てきました。ちなみに韓国製のソフト見たいです・・・某最大手企業様も既に導入済みとのうわさも?

 

パターンナーさんやデザイナーさん、MD担当の方々も今日までFISMAやってますから見に行った方が良いかもしれませんよ

お値段は縫製工場で手が出る金額ではありませんが、アパレル企業様では大したことのない金額ではないかと…聞いた話ですが

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ミシンのパーツが廃番になっていく

国内工場の機械の入れ替えでセブに送ってもらったJUKI製 MO-2404ロックミシンですが、とうとう針板が割れてしまいパーツの交換をすることに

 

手前の針板が古い針板。はんだで補修されています。なぜだ・・・

そして届いた新しい針板が左側

なぜか若干形状が違う?

このままだと削らないと送り歯が使えないので再度ミシン屋さんに問合せ

そして届いた新しい送り歯セット

・・・っあれ?これもなんか形状がおかしいぞ?

ということで比較してみたら…溝の形状違うじゃん!だめじゃん!

で結局この針板に適合する送り歯がすでに廃番、在庫なしということで削って使用することに。

 

昔と違ってミシンのパーツもすぐに廃番になるみたいです。

まあミシン屋さんとしても古いミシンをいつまでも使われるよりも新しいミシンを買ってもらった方が儲かるのでしょう

気持ちはわからないことはないですが、まだまだ使えるミシンがパーツ一つが足りないばかりに廃棄処分されてしまうのは長年の相棒を喪失するみたいで寂しいものがあります

時代が変わってきたのだとは思いますが、物を大事に使うという文化は無くさないようにしていきたいものです

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ロリータ、特殊衣装に特化した縫製工場 環境も充実 なんて工場が国内にあるそうです

繊研新聞WEB版にこんな記事が

 

ロリータ、特殊衣装に特化した縫製工場 環境も充実

 

記事の内容が見れない方はこちら

設立して5年の工場みたいですが、素晴らしい工場みたいです

HPを探してみるとありました

 

株式会社スタジオ・エフ

螢好織献・エフは日本のポップカルチャーである。コスプレ、ゴスロリ系ファッション、アイドル衣装、舞台衣装などを中心に生産加工を行う縫製工房です。面白味のあるファッションを作っていきたいそんな思いで立ち上げた工房です。

 

また、事業の一環としてお直しも受け付けている模様…

 

ロリータ、コスプレ、その他お直し

 

これは勉強になります。メルカリ等個人間売買の中古マーケットがますます増えていく中、プロパー品の縫製だけではなく中古品の修繕サービスでも付加価値をとっていこうという貪欲な姿勢も素晴らしいです!

 

元気のある縫製工場さんが国内でもまだまだやっていけるという勇気をもらいました!!

我々も頑張らねば

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

DMM.nui で企業向けオーダーメイドユニフォームだそうです

こんな記事が

 

DMMがユニフォーム事業に参入、小野原誠らデザイナーが参加

 

で、DMM.nuiを検索してみると

 

DMM.nui

 

「高品質」「低価格」のオーダーメイドできるユニフォーム
著名デザイナーによる洗練されたデザインと機能性を兼ね揃えた
オリジナルのユニフォームを独自フローによる低価格でご提供いたします。

 

IT企業であるDMMがアパレル分野に進出してきたようです。

どうやら

 

- 独自フローによる低価格 -
品質はそのままで、低価格を実現
問屋・販売代理店などの中間業者をカットし、独自の流通ルートを確立。
お客様のご要望にお答えした、ロープライスのユニフォームをお届けいたします

 

ということらしいです。

確かに俗にいう「官服」系の商売だと中間ブローカーの方々が多くいたりしますので、この会社が直接入札に参加し始めたら結構厄介かもしれませんね

 

名前が売れている(たけしのテレビCMが有名)ので、信用度的には問題ないでしょうし

 

縫製業者としてDMM.nuiの独自流通ルートに弊社も参加させて頂けたら結構役に立つと思うのですが・・・

 

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

シタテルの生産一体型コマース「スペック」第1弾パートナーはナノ・ユニバース

シタテルの生産一体型コマース「スペック」第1弾パートナーはナノ・ユニバース

 

で、サイトを見てみるとこんな感じ

 

こんな服を作って!プロジェクト

 

受注が付いてから生産を始める仕組みで

 

「限定受注生産について

本プロジェクトでは、ご注文が上限受注数に達し次第、生産を開始いたします。
通常よりもお時間はいただきますが、限定数以上の販売は行わない、希少性の高いアイテムです。」

 

だそうです。上限受注数が50枚で設定されているようで、30日のリミットカウンターが表示されておりました。

売れるものを売れる数だけ作るという無駄のない生産はとても良いのではないかと。

 

ただし、納期がいつになるのかは

 

「本コレクションは、購入者の数量のみを生産する数量オーダーメイド型となるため、販売が終了してから生産に入ります。そのため、商品到着まで少しお時間をいただきますが「販売終了後からしか見ることのできないビハインドストーリー特別編」をご覧いただける商品もございます。待っている時間もわくわくしながらお楽しみください。」

 

ワクワクしながら待つしかないそうです。

今後このような売り方が増えてくるのでしょうか?

ワクワクしますね(笑)

縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

縫製工が大復活! 給与が上がる職種で第一位だそうです

先月弊社専務から『こんな記事が雑誌でありましたよ』とちらっと聞いた記事を発見しました。

 

 

13万2962円だった実績値が22万6684円になると予想されるようです

この予想ですが、当該の雑誌が手に入っていないので誰が予想したのかわかりませんが、本当だったら素晴らしい予想です!!

 

本当だったら・・・と言う訳が有りまして、

 

 

こちら本日の繊研新聞の1面です。

『衣類の国内生産ついに1億点割れ』

という題名がついた記事。なんと国内生産の割合は2.4%のみでした。

 

縫製工賃が上るより先に国内生産が無くなりそうです・・・

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

世界初、アイロンで服に付けられる “3ミクロンの超極薄太陽電池” 理研と東レが共同開発

世界初、アイロンで服に付けられる “3ミクロンの超極薄太陽電池” 理研と東レが共同開発

 

だそうです。

太陽光発電システムを洋服につけて発電するということはずっと日差しの下にいるということで、美白を目指す女子には嫌われそうですね(笑)

 

冗談はさておき、キャンプ用のテントとか、災害用のテントとか、ヨットのセールとか、家庭用で言えばカーテンとか?ロールブラインドとか?

 

洋服で発電する利点が今一歩思いつきません

結局バッテリーに充電するんだしね。

それこそボタンが電池になって充電したりして。まさしくボタン電池!!

 

メガネ(サングラス)がディスプレイになって、時計の表面がマウスパッド兼マイク?

で、ピヤスみたいなおしゃれなイヤホンができてそれの電源がボタン電池と洋服発電になるとか?

 

その場合クローゼットはずっと電気つけっぱなしで充電しておくことになるかも(笑)

縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

今日の繊研新聞のコラム

物作りの土壇場

 

今日の繊研新聞のコラムです。

 

既に末期症状な国内縫製工場の実状だと思います。

特にこのあたりが・・・

ある工場では、ハイテク工場に従業員1人が転職し、その後にかつての同僚を期間限定社員として誘った。紹介すると、働く期間に応じて報奨金も出るようである。社長は「給与が低くてもここで正社員として頑張れ」と引き止めたが、最終的にその従業員は工場を去った

より条件の良い会社へ転職したいという気持ちもわかりますがね。

それが出来ない会社と出来る会社との格差がますます広がっていくのでしょう。

 

出来る会社といえば、先日芸能ニュースでオフィス北野の話題を流しておりました

その中のこのあたりに驚愕

20代で年収1000万円超、仕事中もジム通い オフィス北野は「超ホワイト企業」だった?

事務所の20代社員の給与は1800万円で、社長の報酬は1億円超だったと暴露

そりゃこんな企業があったら転職するなと

まあ芸能事務所が自分たちのコアな商品である『芸能人』に投資をしないで生きていけるとは思いませんが

*追記:らっきょが勘違いしているとの情報も

ダンカン謝罪 若手社員の高額給与問題は井手らっきょの勘違い

 

弊社は縫製工場ですので、コアな機能(商品)である縫製技術・設備・人材に対しては投資を怠るようなことはしなようにしていきたいところです

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

認定の出た管理団体一覧が検索できるサイトが出来ていたようです

昨年11月から施行された新・技能実習制度

認定を取るまでが大変だったようですが、だいぶ認定が取れた団体が増えてきたようです。

 

さらに認定が取れた管理団体を検索できるサイトまで出来てました。

 

監理事業許可取得団体情報

 

所在地検索のところに地名を入れるとその地域に有る管理団体が表示される模様

山形県では14団体

北海道では47団体

が認定取れているようです。

 

認定が取れれば5年研修生への道もひらけてくるので生産力を増やせる可能性も出てきます

管理団体の住所をグーグルで検索したらいくつか有名な縫製工場の名前が・・・

 

皆さん頑張っているようです。

我々も負けずに頑張っていかないと

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『新感覚』生産一体型コマースだそうですよ

以前のブログに少し書いた『シタテル』さんですが、今回新たに新しいプロジェクトを立ち上げた模様

 

在庫リスクゼロの新流通システム、シタテルが生産一体型コマース「スペック」始動

 

詳細は上記サイトを見てもらうとして、ざっくり言うと『ネット振り屋』+αさんなのかなと

『振り屋」さんというとわかりづらいかもしれませんが、小規模OEM商社というところでしょうか?

 

+αの部分はそのままネット販売できるというところですね

今の説明だと『受注するまで』で販売に関しては出てませんでした

販売するまで可能にするなら代金の回収等ややこしい話になりますからね。

もちろん現状の通販事業者さんたちと同じ悩みである

『返品』在庫

の問題も出てきます。

そこまでは踏み込みたくないのかも?

 

何れにせよ新しい縫製工場の可能性に期待を寄せて様子見です(笑)

続きを読む >>
縫製技術の話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
RECENT COMMENTS
今日の為替
今日の一言

presented by 地球の名言

簡単・お問い合わせ
UNIQLOCK
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS