縫製工場管理者のお仕事(カリカワぶろぐ)

縫製工場の螢リカワです。お問合せはリンク先の各担当者が随時受け付けます!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お取引様来社 | main | 山形工場新規設備投資 >>

聖週間(イースター)って何?

 本日よりフィリピン 木、金、土、日と連休です
カトリックの聖週間と呼ばれているものですが、移動休日の為、毎年ちょっとずれます。でも必ず木、金、土、日。

これまで何回か説明してきているので、リンク貼ればよいとも思ったのですが、せっかくですので再び。

今年は4/9(日)〜4/16(日)までをホーリーウィーク(聖週間)と呼びます

Holy Week(聖週間)とはキリストがエルサレムに入ってから(「Palm Sunday (枝の主日)」住民がシュロを振って歓迎したからとのことです。フィリピンではヤシですが。)、十字架に磔にされ息を引き取り(13日の金曜日)、3日目に復活したまでの1週間のことをいいます
毎年春分の日以降最初の満月の後にくる日曜日のことを復活祭(EASTER SUNDAY)とするので、毎年違ってきます。今年は4/16(日)が復活祭。

もう少し細かくいうとカトリック典礼暦四旬節はすでに復活祭の46日前から始まっており、教会ではAsh Wednesday(灰の水曜日)のミサが行われました。
前年のPalm Sunday使用されたナツメヤシの枝(宗教的には本来シュロ)を燃やした灰を額に十字架の形に神父様が塗ってくれます。うちのセブスタッフもその日ばかりは皆ついてます。

 

4/13(木)「洗足木曜日(MAUNDY THURSDAY)」最後の晩餐の日
       (キリストが弟子の足を洗って模範をしめしたとか)

4/14(金)「GOOD FRIDY]キリストが磔にされて午後3時に息を引き取り、国中が喪に服す感じ
      娯楽も一切無し。
      金曜日土曜日は基本肉類を食べず、精進料理(?)のようなものを食べるみたいです

4/16(日)復活祭(キリスト復活の日)
       国中がお祝いモードになります

敬謙なキリスト教者の多いフィリピンでは、とにかく教会に行く行く。
国定休日としては4/13と4/14のみなのですが、続く土曜日も特別休暇と発表されたため、お休みですね。。。やっぱり。
他の島から仕事にでてきている従業員も出来る限り実家に帰ろうとします。
毎日教会いきますね この時期は必ず。
怪しいのが月曜日 朝。船が満席で戻ってこれなくて。。。なんて遅れてくる輩は必ずいる。
やってもらわないといけないお仕事は一杯あるんですけどね。。。こればかりは仕方がないです。
連休が日本に比べて圧倒的に少ないフィリピン。
給料の振込も早めにしてあげたし、お土産一杯もって実家に帰っていることでしょう 実家のご家族に宜しく伝えてくださいね~
そして元気に来週戻ってきてお仕事しましょう!
フィリピンの話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
RECENT COMMENTS
今日の為替
今日の一言

presented by 地球の名言

簡単・お問い合わせ
UNIQLOCK
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS