縫製工場管理者のお仕事(カリカワぶろぐ)

縫製工場の螢リカワです。お問合せはリンク先の各担当者が随時受け付けます!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10ヶ月ぶりの為替比較 | main | 三級婦人子供服製造技能士検定合格です >>

針供養 in 山形

今年も山形工場では1年間お世話になった針に感謝を込めて『針供養』の儀式を行いました

 

針供養』とは

 

折れ、曲がり、錆びなどによって、使えなくなった縫い針を供養し、近くの神社に納める行事。各地の社寺で行われているが、主に淡島神社(粟島神社)または淡島神を祀る堂(淡島堂・粟島堂)がある寺院で行われる。

 

だそうです。

 

かつて、12月8日と2月8日は事八日と呼ばれていた。12月8日を事納め、2月8日を事始めとよび、事納めには農耕を終え事始めには始めるとされていた。この両日はつつしみをもって過ごす日とされ、この日は針仕事を休むべきと考えられていた[6]。そして使えなくなった針を神社に納める、あるいは豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈った。また、かつては土の中に埋めたり[2]、針を刺した豆腐や蒟蒻を川や海に流して供養するという型式で執り行われる地域もあった[1]。
針に触れないようにするという風習が残る富山県や石川県では針歳暮とも呼ばれ、饅頭や大福を食べたり知人に贈ったりすることが行われている[2][1]。長野県佐久地域では、2月8日に針を豆腐に差し込み、集落によっては神棚に上げて拝んだり、縁の下へ投げ入れたりする[7]。
現在では家庭で針仕事を行うことが少なくなり、家事作業における感謝や祈願の意で行われる事は少なくなったが、服飾に関わる分野においては未だ根付いており、和裁や洋裁の教育機関や企業では現在も行われている[6][8]。

 

上記全てWikiより。

 

ということで、早速縫製の上達を願ってお祈り

 

 

おかげさまで今年も折れ針の混入もなく、小さな問題は多々有りましたがなんとか会社を存続することが出来ました。

さらなる縫製技術の向上を目指し、お力添えを頂けますようお祈りいたします

カリカワ・山形の話題 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

浅草寺に淡島堂があり、針供養塔あります
浅草寺に行くたびにお礼参りしておりま〜す
tt | 2017/12/12 5:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 縫製工が大復活! 給与が上がる職種で第一位だそうです
    〇〇 (05/14)
  • 本日「勇者の日」にてフィリピン祭日です
    tt (04/09)
  • 本日「勇者の日」にてフィリピン祭日です
    〇〇 (04/09)
  • 今年の聖週間連休は
    tt (03/30)
  • 今年の聖週間連休は
    Tsuzuki (03/28)
  • 今年の聖週間連休は
    tt (03/27)
  • 今年の聖週間連休は
    Tsuzuki (03/26)
  • フィリピンの出国審査の役人に理不尽な言いがかりをつけられましたが1日遅れで無事に到着しました
    tt (02/16)
  • 1月度セブ工場月間MVP
    tt (02/13)
  • 針供養 in 山形
    tt (12/12)
今日の為替
今日の一言

presented by 地球の名言

簡単・お問い合わせ
UNIQLOCK
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS