縫製工場管理者のお仕事(カリカワぶろぐ)

縫製工場の螢リカワです。お問合せはリンク先の各担当者が随時受け付けます!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セブ工場 S セブ戻りです | main | FISMA Tokyo(東京ファッション産業機器展) 55th 行ってきました >>

成田空港貨物 またもパレット解体待ち状態に

先週は比較的以前の状況に戻りかけた成田空港貨物

台風の影響と、羽田空港の貨物超過による成田行き便の貨物超過によりまたもや飛行機から降ろされたパレットが解体されず10/1着便だけでも40便200数パレット未解体状況。。。。

 

JALカーゴからの連絡以下のとおりです

 

***************************

10月3日(水)10時時点のJL1状況をご報告いたします。

*作業状況
・1日(月)到着便作業(10時現在):未チェック40便を残しております。
・前日までの到着便のB/D未のULDは428PLTとなっております。
・10月3日(水)到着便の生鮮等、緊急貨物、1日到着便の作業を優先に作業を進めております。
・一般DRY貨物については1日(月)到着分から到着順の作業となります。
*2日(火)到着便の貨物量(JL1取扱い)はFCST900t(通常時+30%)となっております。
*3日(水)到着便の貨物量は950t(通常時+20%増)を見込んでおります。
*3日(水)6時(作業開始時点)の在庫量(整備地区含む)はFCST2,000tとなっております。
*施設対応として、第一貨物代理店ビル104号、整備地区上屋(B〜F)5棟を使用しております。
*整備地区蔵置貨物については整備地区にてお引渡しをお願い致します(受付時にご案内致します)。

本日以降の見通しについて
*国慶節の影響(物量減)は無く、国内他空港の受託制限等、依然流動的な状況が続いております。
*施設狭隘により、搬出待機場所、トラックヤードへの未処理ULDの保管をせざるを得ない状況にございます。
*お引き取り、車両の入場につきましてもお待たせする場合がございますことご了承ください。
*すでに到着済の貨物につきましては、本日以降週末のお引取り促進にご協力をお願い致します。

物量動向および引取りに関する今後の見通しについて差支えのない範囲で情報共有をお願いいたします。
*国慶節の物量動向
*台風接近に伴う関空流入コントロールによる成田への影響
*羽田TIACT社embargoによる成田への影響
*成田到着貨物の傾向(西日本納品貨物の増減等)
*週明けの車両確保、搬出の傾向等

***************************

弊社の分だけでも3便分が成田までは来ているものの止まってしまっており、順番待ちの状況になってしまっております

月曜日から毎日確認に確認を続けておりますが、上屋までにこないと手を出すことができず、お取引先の皆様にはご迷惑をおかけしており申しわけございません。

 

セブは国慶節ないのに。。。。

成田の貨物部の方々、大変だとは思いますが、どうかよろしくおねがいします

カリカワの話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
RECENT COMMENTS
今日の為替
今日の一言

presented by 地球の名言

MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS