縫製工場管理者のお仕事(カリカワぶろぐ)

縫製工場の螢リカワです。お問合せはリンク先の各担当者が随時受け付けます!
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 営業会議と庄内柿 | main | 紅葉はまだ早かった >>

首都圏の最低賃金引き上げ 1日当たり500〜537ペソ

マニラ新聞でこんな記事が

 

労働雇用省が首都圏の最低賃金引き上げを発表。1日当たり500〜537ペソ

 

新聞を購読していなかったので詳細が読めなかったのですが…中身見つけました。こんな感じだったようです

 

労働雇用省のベリョ長官は5日、首都圏の最低賃金を25ペソ引き上げると発表、首都圏では最低賃金は日給500〜537ペソとなった。

これまで首都圏の最低賃金は従業員15人以下の小売業やサービス業などと従業員10人以下の製造業が日給で475ペソ、農業以外で従業員がそれ以上いる企業では同512ペソと定められていた。

国家賃金生産性委員会(NWPC)のシー委員長は「今回の引上げの対象者は首都圏だけで約3百万人」と見積もった。さらに首都圏の1日当たりの実際の平均賃金は665ペソだとも紹介。「事業者の負担とならないよう全体的なバランスを図った」と労働団体への理解を求めた。

パネロ大統領報道官は同日、「最低賃金引き上げは首都圏地域三者賃金生産性委員会の決定に従ったもので、当面はこれで十分だ」と述べた。その上で「今後の経済動向によって常に変化は起こりうる」と将来的なさらなる引き上げの可能性も示唆した。

比労働組合連合ALU─TUCPは、9カ月連続の物価上昇を理由に当初334ペソの引き上げを求め、その後100ペソを「妥協線」として提示していた。

同団体のタンフサイ報道担当は「労働者やその家族を貧困ラインから引き上げるのに25ペソではどうにもならない」と反発している。

ベリョ長官によると、首都圏のほかルソン地方カガヤンバレー地域も最低賃金は20ペソ引き上げられ、日給320〜360ペソになる。ミンドロ島、パラワン州などミマロパ地域でも、12〜20ペソ引き上げられ、同283〜320ペソとなる。

引き上げは全国紙掲載後15日を経た21日から施行になる。

 

JETROのページだとこちら

 

ちなみにセブ島のある中部ビサヤ地方は今年の8月から386ペソになっております

 

どんどん上がっていきます(+_+)

アジアの多くの国で同じように上がっているので、フィリピンだけの問題ではないのですが

ちなみにフィリピンに先ごろ進出されたK衣料さんの地域はカビテ(カラバルソン地域)のようなので、さきほどのJETROのページにある参考資料によると400ペソになるようです

 

セブより若干高いようですね。

フィリピンの話題 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
RECENT COMMENTS
  • フィリピンは選挙真っただ中です
    ○○ (05/16)
  • フィリピンでM6.1の地震、死者8人 倒壊ビルで数十人不明か??
    ○○ (04/23)
  • フィリピンでM6.1の地震、死者8人 倒壊ビルで数十人不明か??
    tt (04/23)
  • お誕生日おめでとうございます。
    tt (03/29)
  • ありがたいことです
    ○○ (12/28)
  • サプライズでも何でも無くなってしまったけど
    TT (12/27)
  • サプライズでも何でも無くなってしまったけど
    ○○ (12/27)
  • 260%ペイだそうです
    tt (08/21)
  • 260%ペイだそうです
    ○○ (08/21)
  • 山形のスタッフから
    TT (06/06)
今日の為替
今日の一言

presented by 地球の名言

MOBILE
qrcode
ARCHIVES
SPONSORED LINKS